小学校受験で頻出の「お話の記憶」の入門レベルの新コンテンツを4/9に追加リリース。

小学校受験に繋がる新コンテンツを追加し、スモールステップでの学習を実現

4/9(火)に「お話の記憶」に関する新コンテンツをリリースしました。 

追加コンテンツは、小学校受験で「お話の記憶」として知られるコンテンツの入門レベルにあたるもので、音声で読み上げられる問題を、画像を見ながら聞き取り、解答するものです。 

小学校受験で頻出の「お話の記憶」の練習になる入門レベルの新コンテンツ

4月に追加するコンテンツ「みて きいて おぼえよう」は、小学校受験で頻出の「お話の記憶」シリーズの問題です。 

小学校受験で出される問題では、音声のみを読み上げて画像を表示しませんが、今回の新コンテンツでは音声に加えて画像を表示することで、場面をイメージしやすくなりますので、難易度を緩和した入門レベルの問題となっています。このアップデートでユーザーは「お話の記憶」をよりスモールステップで学習できるようになります。

STEP1:紙芝居形式でお話を聞いて 

STEP2:読み上げ問題に解答

担当者からのコメント  

「みて きいて おぼえよう」は、お話を聞き、そのあと、内容について聞かれた質問に答える、という問題です。 

それに加えて、場面に合わせた絵も表示されるのが特徴です。 

お話の内容や絵柄は、お子様に親しんでもらえるように気を配りました。 

そして、問題を解き進めると、目次を通してお話が一連のストーリーになっていることにも気付いていただけるかと思います。 

こうすることで、お子様は、絵本を見て読み聞かせをしてもらうかのように、楽しんで取り組めるのではないかと思います。 

もちろん、問題の内容は、ものの数や、天気、登場した順番のように、様々なことを問う問題をバリエーション豊かに用意していますので、小学校受験に挑まれるお子様には、お話を記憶する問題の最初の段階として取り組んでいただければと思います。 

そして、小学校受験を検討されていないお子様も、絵本の読み聞かせの延長として取り組んでいただき、記憶力を育んでいただければと思います。 

新コンテンツを含めた全5系統60ジャンル以上10,000問以上を全て体験できる、無料体験の受付を開始 

体験用タブレットをご自宅までお届けします (往復の送料無料) 。今回追加する「お話の記憶」を含め、タブレット内に収録している全5系統60ジャンル以上10,000問以上の全てのコンテンツを利用可能です。  
無料体験は、資料請求された方にご案内します。  

「天神」幼児タブレット版について

お子様の年齢や月齢に関わらず、興味や関心や成長に合わせて、お子様にピッタリな内容を学べます。

フラッシュカード・読み聞かせ・歌など0歳児が楽しめる内容、文字の読み書きや英語、複雑な思考や記憶力や論理的思考力などを育む小学校受験レベルの内容まで、収録しています。

年齢ごとに詳しく見る

「天神」の各教材を詳しく見る