小学校受験に対応した「くるまのとおるみち」を1月に追加リリース。新コンテンツの無料体験受付もスタート

小学校受験対策用の新コンテンツ「くるまのとおるみち」を1/9(火)にリリースしました。 また、新コンテンツを利用できる無料体験の受付も開始しました。

「壁にぶつかると左に曲がる」というルールで動く車が、どの出口に辿り着けるか

「壁にぶつかると左に曲がる」というルールで、どの車が出口に辿り着けるか

1月のアップデートは、小学校受験のトレンドに対応した「くるまのとおるみち」

1月に追加する「くるまのとおるみち」は、思考力を育てる問題で、小学校受験でトレンドとなっている「地図上の移動」と呼ばれる問題の「いろいろな方向から入る交差点の曲がり方」という要素を扱った目次です。 

追加リリースする問題は2目次あり、1つ目の目次では「壁にぶつかると左に曲がる」というルールで動く車について、どの出口に辿り着けるかを解答します。もう1つの目次で出題する小学校受験用の問題では、同じルールで進む複数の車のうち、どの車が出口に辿り着けるかを解答します。いずれも、ルールを正しく理解した上で車の方向を意識しながら解く必要がある、難易度の高い問題となっていますが、スモールステップで着実に理解できるように問題を用意しています。 

小学校受験をしないお子様にも、無理なく思考力を高められる目次となっています。 

担当者からのコメント  

この問題の「車が壁にぶつかると左に曲がる」というルールは、「車が上下左右どの向きに進んでいたかで、左に曲がった後の車の向きが決まる」ということを正しく理解する必要があります。これは「右は右手(おはしを持つ手)のある方」「左は左手(お茶わんを持つ手)のある方」のように「自分から見たときに右か左か」で理解しているお子さんにとっては一歩進んだ内容になります。 

お子さんの理解の助けになるよう、問題を解いた後に、車が動いて正解の道筋を表示するアニメーションを用意しました。車が壁にぶつかった時には、ぶつかったことを表す効果を付けたり、車の進行方向を表す矢印を動かしたりと、わかりやすくて見た目にも楽しいものにしています。 

また、小学校受験レベルの問題も用意していますが、いきなりそれを出題するのではなく、易しいレベルの問題から出題して、段階を踏んで取り組めるようにしています。一つ一つ問題を解いて、問題を解く力を身に着けていただければと思います。 

新コンテンツを含めた全5系統60ジャンル以上10,000問以上を全て体験できる、無料体験の受付を開始 

体験用タブレットをご自宅までお届けします (往復の送料無料) 。今回追加する「くるまのとおるみち」を含め、タブレット内に収録している全5系統60ジャンル以上10,000問以上の全てのコンテンツを利用可能です。  
無料体験は、資料請求された方にご案内します。  

「天神」幼児タブレット版について

お子様の年齢や月齢に関わらず、興味や関心や成長に合わせて、お子様にピッタリな内容を学べます。

フラッシュカード・読み聞かせ・歌など0歳児が楽しめる内容、文字の読み書きや英語、複雑な思考や記憶力や論理的思考力などを育む小学校受験レベルの内容まで、収録しています。

年齢ごとに詳しく見る

「天神」の各教材を詳しく見る