発達障害(広汎性発達障害や軽度発達障害など)のお子様のお勉強に。

公立小中学校での採用実績も豊富。

お電話での資料請求

tel:0120019828

【受付時間】平日10:00~22:00 土日祝10:00~19:00

MENU

発達障害の
お子様が
いらっしゃる
保護者さまへ

発達障害の子の勉強方法?
発達障害の子に大事なことは?
3つの特徴で認めて伸ばす「天神」が、
お子様に合うか、確かめてください。

こんなお悩みはないですか?

  • ・勉強に対して自信がなくなっている
  • ・読み書きが苦手で困っている
  • ・「勉強している風」ではなく、学力を伸ばしたい
  • ・集中して勉強できなくて、勉強が進まない
  • ・学校や塾の集合教育に向いていない
  • ・他教材を色々試したがうまくいかなかった

天神は、お子様の才能を活かす
学習環境をご提供します。

  • ◎褒められるから気持ちよく学べる
  • ◎読み上げ機能で、音声で学べる
  • ◎類題が豊富だから繰り返しに強い
  • ◎動画講義で理解度アップ
  • ◎学力がきちんと伸ばせる環境
  • ◎自宅で、マイペースで学べる
  • ◎わからない問題は何度でも

使って良かった。

発達障害の
お悩みを解消したお客様の声

2年生になる上の子は、先日クラスの先生に「成績はトップクラス」と言われ、これも「天神頑張っているおかげよ」と話して聞かせています。軽い広汎性発達障害があり、耳から入る情報処理が苦手なところがあり、天神の購入もこれがきっかけだったのですが、勉強がわかることが本人の自信につながっていると先生にも言われました。毎日「学校の算数簡単!!」と楽しそうに話しています。♦小学2年生 Y・I君のお母様(大阪府)

※こちらは個人の感想です。具体的な成果は保証されず、結果には個人差があります。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

先生:道真くんちょっと遅れ気味です。一度発達相談を受けてみられては… 母:小学校へ入学後通信教材をしてみたり、塾にも行かせ始めた。勉強する為の環境は整えているつもりなのに… 子:学校の勉強はよく分からない。テストの点も良くないし…。僕はどうせダメなんだ… テレビ:発達障害のある子は「なんでこんなこともわからないの?」と言われたりします。すると子どもは「頑張っているのに…どうせ出来ないんだ」となり… 母:インターネットで発達障害について検索すると、大事なことは自己肯定感を高めること、「ほめて伸ばす」ことだと知る。『天神』…? どんな教材なんだろう 『天神』の特長は「ほめて認めてあげる」。「自分に合った学年を学習する」「100点を取って自信を取り戻す」「勉強方法を変えれば出来る!やれば出来る!を実感する」 母:やってみようかな…『天神』。資料請求をしてみる 天神を始めてからー 楽しく天神をする子どもを見守るお母さん 母:天神は、自分の学年に関係なく好きなところからスタートできる。集中しやすいし、画像やアニメもいっぱいあってわかりやすい 母:そして何より…子どもの自信ができた。30点や40点だったテストが…今では勉強にもついていけるようになって、たまには100点もとれるようになった! 子:お母さん、ぼく天神ならできるよ! 母:この子に合う勉強方法を見つけることが出来て良かった!

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

インターネットがなくても使える学習システム

「天神」使用イメージ

イメージ

「天神」はパソコンを使った家庭学習システムです。インターネットがなくてもお使いいただけますので、お子様でも安心して利用できます。 小さな機械の箱(ポータブルハードディスク)に入っているので、どこにでも持ち運べ、いつでもどこでも、どのパソコンでもお勉強できます。

パソコン?紙での勉強の方が良いんじゃないの?
とお考えの方へ

A. 今は良いかもしれませんが・・・

■パソコンによるテストが主流になります

2020年に予定されている教育制度改革で、現在のセンター試験は廃止されます。
変わって実施されるテストがあります。

▼実施されるテスト

  • ①大学入学共通テスト
  • ②高校生のための学びの基礎診断

※名称や実施時期や実施回数などは調整中のようです

●試験方法が紙 ⇒ デジタル方式へ

「大学入学共通テスト」は今の「センター試験」に該当する位置付けですが、国語と数学では記述式問題を導入し、英語では民間の資格・検定試験を活用することが提示されています。

民間認定試験では既に

パソコンなどでマウスやキーボードを使ったテスト形式(CBT方式)

が増えており、2024年度以降はさらにCBT方式の試験を増やすことが検討されています。

マークシートや紙を使った筆記試験形式は、今後縮小していくことが予想されます。

●操作に慣れていないと受験でも不利に

パソコンなどで学習する方法になった場合、キーボードやマウスを正しく使えない、正しく文字を入力できない、となると試験で圧倒的に不利になります。
(さらに先の話をすれば、仕事でもパソコンは利用します。近年はスマホしか使えず、入社してから仕事にならないということもあるようです。)

子どもは新しい機器でもすぐ慣れます。
とはいえ、試験の際に勉強面でなくパソコン操作の面で苦手意識を持ってしまうと、実力が発揮しにくくなってしまうかもしれません。

「天神」は
パソコンで学ぶ学習教材です。
印刷して学習することもできます。

「天神」なら、パソコンでの学習・紙での学習・パソコンスキルの上達、
              すべてが「天神」1つでできます。

「天神」なら、
・パソコンでの学習
・紙での学習
・パソコンスキルの上達

すべてが「天神」1つでできます。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

文字を読むのが苦手…
まだ漢字は読めない…というお子様のために

文章の読み上げ機能をご用意しています。(オフにもできます)
「文章が読めなくて」「まだ習ってない漢字だから問題文が読めない」
などの理由で学習がスムーズに進まないお子様でも「天神」なら大丈夫です。
また「読み聞かせ」ではプロのナレーターが読んでいますので、自然な日本語で物語を聞くことができます。

サンプルは以下のとおりです。
実際の様子は、無料体験でお試しください。

▼朗読(ナレーターによる読み上げ)

▼問題・ヒントなどを読み上げ

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

天神が発達障害をお持ちの方にも選ばれる理由

これまでにご購入いただきましたお客様からお聞きした、「天神」が選ばれる理由を具体的にご紹介します。

内容が充実・丁寧だから学力になる

  • ●モンテッソーリや右脳開発などの教育理論を取り入れているから
  • ●教科書準拠+応用発展で確実に学校の勉強がわかるようになるから ※小中学生
  • ●間違えた問題には少し違う問題で繰り返せるから
  • ●他教材よりも類似問題が豊富だから
  • ●解説が丁寧だから
  • ●間違えた問題には少し違う問題で繰り返せるから
  • ●他教材よりも類似問題が豊富だから
  • ●ヒントが豊富で解説もアニメーションや音声があって記憶に残りやすいから
  • ●要点に焦点を当てた有名講師の授業ムービーがわかりやすいから

苦手を克服し、得意を伸ばす

  • ●苦手科目を自動的に見付けてくれるから
  • ●苦手科目の「どこを理解していないか」がしっかりわかるから
  • ●子どもの学力に合った学年で勉強ができるから
  • ●1科目だけ苦手な算数を試したら得意科目になっていたから

丁寧サポート

  • ●平日は10時~22時まで土日祝日も19時まで対応のサポートがあるから ※お盆・GW・年末年始除く
  • ●ゼニーメールや励ましメールで子どもの自己肯定感が高まったから
  • ●分かりやすさをアップさせる無料の定期アップデートがあるから

実績がある

  • ●保育園から公立私立の小中学校、塾までに採用されているから
  • ●テレビで話題のヨコミネ式の学童でも採用されているから
  • ●スタンフォード大学教育学博士のアグネス・チャンさんもプライベートでお子様に使っているから
  • ●会社が経済産業省のIT百選で最優秀賞を取っていて凄いと思ったから
  • ●Eラーニング大賞でグランプリを取っていたから

ほかにも

  • ●ネイティブの英語でリスニングがあるから
  • ●「できた!」「わかった!」を積み重ねて自信が持てるから 遊び感覚で続けられるから
  • ●同世代の人たちが充実した内容のメールを書いていたから
  • ●月額計算したら塾や家庭教師よりも安かったから

天神は、日本e-Learning大賞を受賞しました

第10回 日本e-Learning Awards(後援:文部科学省、経済産業省、総務省、厚生労働省)にて、グランプリとなる日本e-Learning大賞を受賞しました。

日本e-Learning大賞 受賞式

▼主催者発表の「講評・受賞理由」より抜粋

学習開始時に最新プログラムや最新問題をダウンロードして、常に最新のプログラムやデータが使用できるようになっている。学校内での利用、家庭内での利用の双方に対応したもので、現実の教育ニーズに対応したものである。

また、社会連携性といった視点からも、公立中学校と連携して、不登校の生徒の自宅学習用に本システムを活用性、1 週間に一度担任が訪問して学習の進捗を確認するという指導したことによって、不登校のまま高校に合格した事例もあるということである。さらに、小児科医院が運営している発達障害の子どもの為の学習支援教室で、本システムを活用することによって、多くの子どもが主体的に学習するようになった事が報告されている。

学習達成評価は、教科書目次ごとに学習回数や得点が記録され、それが集計されて、学年・教科単位の学習到達度を評価し、さらに、教科の中の単元(数学の関数、空間図形や国語の評論、文法等々)の学習到達度を評価することができる。また、学習到達度は、そのまま次に学習すべき目次を選択する機能と連動しており、これらの機能は、1.組織における生産性 2.品質保証性 3.新規性 4.社会連携性 5.学習達成評価といった審査基準からみて、極めて優れた e-Learning システムの開発、実践であり、本年度の e-Learning大賞に値すると判断できる。

「天神」は特許を取得した学習システムです

天神は幼児版のスケジュール機能「ナビ学習」で特許を取得し(特許第5103330号)、さらに、小学生版・中学生版・高校生版において、復習効果を高めるための「単元学習」機能でも特許を取得しました。(特許第5224499号)

特許証

価格について

価格は、資料をご請求いただいた際に、価格表を同封しております。

「天神」は、お子様一人ひとりに最適なカリキュラムを選んで作成するフルオーダーメイド教材です。教育は、お子様の将来の土台を築く「一生もの」の財産ですのでお値段だけでなく内容をじっくりと吟味いただきたいと考えております。

オーダーメイドだと高いのだろうと考えられるお客様もいらっしゃいますが、「月額計算すると塾などよりも安い」「成績があがったので「天神」一本に絞った」とおっしゃる方が、実際は多くいらっしゃいます。「まずは苦手科目だけ」などお気軽に始めていただくこともでき、長期的な教育をお考えの方へはお買い得なプランもご用意しております。

「天神」の開発会社はどんな会社?

「『天神』の開発会社のタオってどんな会社?」と思われている方もいらっしゃるかと思います。
Q&A方式でよくあるご質問をご紹介します。

Q.福岡県の会社ですか?
本社は滋賀県草津市にあります。
「天神」という名前の由来は、学問の神様、菅原道真の「天神様」です。
Q.どんな企業ですか?
1992年創業時からパソコン学習システムを扱っています。
2006年には、経済産業省のIT経営百選で「最優秀賞企業」として表彰されました。
2012年には、乳幼児版「天神」の「ナビ学習」にて特許を取得し、
2013年には、小学生版~高校生版の「戻り学習・先取り学習プログラム」でも特許を取得しました。
さらに文部科学省や経済産業省などが後援する日本e-Learning大賞ではグランプリに当たる大賞を受賞しています。

その他、保護者様向け雑誌や、教育業界向け雑誌、テレビ取材などでも掲載されています。2012年には読売新聞、2013年には産経新聞や京都新聞などに取り上げられました。

朝日新聞記事

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

『天神ができるまで』
開発に込めた思い~現在までThe Tenjin's History

トラックにはねられ全治13ヶ月

天神の開発者である井内は、漁師の家の長男として生まれました。
しかし船酔いのする体質で、全く漁師に向いていなかったので、
ずっと「漁師にならずに済む方法はないか」と考えていました。
小学校の時、父が親戚のおじさんに、漁師を継がずに進学する風潮について、
「東大や京大ならいいが、勉強する気もないのに大学に行っても意味がない。」という話をしているのを聞いて、
「東大か京大なら漁師にならずに済む。」と希望を持ちました。

そして、「三国志」や「水滸伝」等の中国の本が大好きだったので、
中国文学の研究が盛んな京都大学に行こうと決めました。でも、高校までは、そのことは、誰にも言いませんでした。

「漁師を継ぎたくない。」「京都大学に行きたい。」
一心で勉強した結果、現役で文学部に合格することができました。

その京都大学の3回生の冬に交通事故に遭いました。
バイクで通学中、トラックにはねられたのです。
全治13ヶ月の大事故でした。
生死の狭間をさまよったものの、なんとか一命はとりとめました。
しかし、腰痛が持病となり、大学は、3年遅れて25歳で卒業することになりました。

後遺症の腰痛治療で再入院した病室で見た、一人の青年の振る舞い

卒業はしたものの、腰痛に苦しみまともに仕事ができません。
そのため、思い切って9ヶ月間仕事を休んで治療に専念することにしました。
ところが、症状は少しも良くなりません。
長い治療生活に疲れて、ずっと避けていた手術をすることを決意します。

しかし、手術は、成功ではありませんでした。
将来を思い不安になる中、ある青年の存在を知ります。
彼は20歳でしたが、ペンキ屋さんをしていた一年前に、脚立から落ちて首の骨を折り、
何度か手術をしましたが、首から上は動く、首から下は全く動かない状態で、
「これ以上は治りません。」という宣告を受けていました

どう考えても悲惨で、絶望していてもおかしくない状況にも関わらず、
彼はいつも明るく周囲の人々を笑わせていました。
そして、見舞いに来る友達の悩みを聞いてやり、励ましていました。

井内は、「重病なのに、なぜあんなに明るいんだろう?」と考えました。
そして、青年がすべてを受け入れ、今できることを精一杯しているからなのだと気付きました。

これを機に、「人生で何を成すか」を重要視していた価値観が、「どう生きるか」が重要だと変わり始めます。
「どう生きるか」を考え、「今できる精一杯のことをし続ける=成り得る最高の自分になる=自己実現」を目標に生きることにしたのです。
そして、「皆が自己実現を目指す生き方をしたら素晴らしい社会になる」「他の人の自己実現を支援したい」という思いが膨らんでいきました。

家庭教師時代に感じた疑問

井内は京都大学在学中に家庭教師をしていました。
生徒の成績アップに成功し、子どももご両親も喜んでくださって、
「先生がいないとダメなんです!」と言われるようになった時、誇らしい反面、
「私がいないとダメで、本当にいいのか」と考えはじめました。

「成績アップだけでなく、本当に子どもに必要なものはなんだろう?」
「そもそもなんのために勉強をしているのだろう?」と。

親が子どもたちに「勉強しなさい」という理由は、
将来社会に出て、自信を持って活躍し、幸せになってもらいたいからでしょう。
そのためには家庭教師がエネルギーを注ぎ込む「押し付け型」の教育ではダメだ、と井内は感じたのでした。

天神を開発するきっかけ

大学卒業後、井内は教育関連会社に入社して営業を担当していました。
順調に成績を挙げていましたが、モヤモヤも募っていきました。

お客様のご意見や要望を取り入れ開発元に改善要望を入れるものの、
お客様に十分満足いただけるものにならないからです。
そこで、あるとき決心しました。
「自分で作ろう!」と。

目指したのは、通常の教材にありがちな「成績アップ」だけでなく「自己実現を支援すること」でした。
「社会で活躍する人財に育つため」の土台作りです。

そして、それを形にしたのが学習システム「天神」です。

自身の経験を土台に、モンテッソーリの教育理論、ドーマン博士の能力開発理論などを取り入れ、
1995年に「天神」小学生版を創り上げました。

その後、お客様のご要望に応じて各年代の商品を開発。
幼児から高校までをカバーする商品となりました

20年が経過し、発達障害の子向けにも良い教材と認知され始める

ここまでのストーリーでお気付きの方もいらっしゃるでしょうが、
天神は発達障害の子向けに作った商品ではありません。

発達障害のお子様に役に立つと知ったきっかけは、
ご利用いただいているお客様の中に発達障害のお子様がいらっしゃって、
そのご両親からメールで絶賛されたからです。

発達障害に詳しい大学の先生が天神の内容を見て
「発達障害向けの子専門の教材ですよね?違う?本当に?」と驚かれることもありました。

発達障害の子向けに開発したわけではないのに専門教材のクオリティを兼ね備えているのは、
「成績をあげる」という視点だけでなく、「自己実現を支援すること」「自己肯定感を高めること」
という観点で開発・改善に取り組んで来たからだと思っています。

天神は、2013年日本e-Learning大賞に応募しました。
文科省、経産省等が後援する日本で一番権威のあるe-Learning教材のコンテストです。
そして、知名度のある教材会社や大学等の研究機関が多数応募する中で、
何と「天神」がグランプリを獲得しました。日本一です。

しかも審査員15名が全員一致しての1位選出でした。
これは、14回のコンテストの歴史の中で後にも先にも一回だけの快挙でした。

発達障害の子の特性に合わせた改良も

発達障害の子の利用が増えた近年では、
ご要望に合わせて様々な改良をほどこしています。
「文字を読むのが苦手で勉強がはかどらない」という子に「文章読み上げ」の改良を、
「不正解の音が気になってしまう」という子に「音の種類の変更や消音」の改良を、
大小様々な改良を行っています。

でも、根幹となる考えは変わりません。
大切にしているのは「自己実現を支援する」ことです。

お子様が、自立し自律し、友人や知人から頼りにされ、社会や家庭でイキイキと活躍する。
それを何よりの願いとしています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

まずは資料をご請求くださいお客様の声、価格例などを同封しています。

お電話での資料請求・お問い合わせはこちら 【受付時間】平日10:00~22:00 土日祝10:00~19:00

海外からのお問い合わせの方は077-566-5044

※「障害」という表記について
自治体などを中心に「障害」を「障がい」と表記する動きがありますが、当サイトではご利用者様の検索の利便性を考慮して、「障害」という表記を用いております。ご理解くださいますようお願い致します。