乳幼児、小学生、中学生、高校生まで使える家庭学習用教材「天神」公式サイト

天神 愛されて22年 【天神】お電話での資料請求 
0120-019-828 
ご利用中のお客様
0120-019-098 「天神」資料請求をする(無料)
幼児教育・知育教材に 「天神」 乳幼児版 「天神」小学生版 新学習指導要領対応! 「天神」乳幼児・小学生の英語学習 「天神」中学生版 新学習指導要領対応! 「天神」 高校生版 「天神」CMにご出演いただいたアグネスチャンさんと井内社長の対談 「天神」は公立・私立の学校に導入! 全国5万人 天神メイトの声 「天神」は人間力を育てる 「天神」のサポート体制
 HOME > 公立・私立学校導入

第10回
日本e-Learning大賞を受賞しました!
【詳細はこちら】

百合学院小学校様での導入事例が教育機関向け専門誌「教科書メディアガイド」で取り上げられました。

記事をPDFでご覧になりたい方はこちらPDFAdobe Readerが必要です。)


教育機関向け専門誌「教育メディアガイド」掲載記事 基礎学力の充実と個人差の解消を目指して

百合学院小学校

百合学院小学校は、幼稚園から高校まで一貫した教育理念のもとに運営されている、1955年に開校したミッション系の女子小学校です。
百合学院小学校においても、近年、基礎学力の充実と個人差の解消が大きな課題となり、その課題を解決するために、2003年4月マルチメディア学習システム「天神」を全学年、全教科導入しました。
今回は、導入後の試行錯誤や現在の活用方法をレポートします。


1年1組

パソコンルームへと続く美しいホール
▲ パソコンルームへと続く美しいホール

「じゃあ、1年生にしましょう。」

紙谷紀久雄先生の一声で、本日見学するクラスが「1年1組」に決まった。「1年生で操作は大丈夫ですか?」私が尋ねると、「操作は大丈夫です。問題は集中力だね。1年生は、すぐ動き出すからね。」「ではどうしていらっしゃるのですか?」「論より証拠、見に行きましょう。今ちょうど良い時間ですよ。」

紙谷先生の先導で、美しい百合の絵がかかるホールを抜けてパソコンルームに向かった。

パソコンルーム

1年生が入室した直後のパソコンルーム
▲ 1年生が入室した直後のパソコンルーム

パソコンルームに生徒の姿はなく、43台のデスクトップ型パソコンが整然とならんでいた。

「誰もいらっしゃいませんね。」私が尋ねると、紙谷先生は時計を見て「すぐに来ますよ。」とニコッと笑った。正にその時、1番乗りの子どもが走り込むようにパソコンルームに入って来ると、どんどん小さい制服の行列がやって来て、いつの間にか席に着き、パソコンに触ったり、隣の子としゃべったり、部屋は一気ににぎやかになった。

「じゃあ、電源付けまーす。」担任の斎藤マリ子先生は、大きな声で言った。電源は、教壇のパソコンで一括してONにすることができる。一斉に起動を始めたパソコン。子どもたちは、モニター画面を見つめる。

突然、「かわいいー。」と歓声が上がった。「天神」のキャラクターが画面に現れたのである。「何回見ても、いつもここで歓声が上がるんです。」紙谷先生が笑って振り返る。

頃合いを見計らって、マリ子先生がホワイトボードに大きく板書を始めた。

国語と算数

学習開始を宣言する斎藤マリ子先生
▲ 学習開始を宣言する斎藤マリ子先生

マリ子先生がホワイトボードに書いたのは、「天神」で今日学習する目次の名前だ。

 こくご 日づけとよう日( 1,2 )
 さんすう たすのかなひくのかな( 1,2,3,4 )

「天神」は教科書準拠なので、目次名を聞けば、生徒はすぐに探すことができる。「算数と国語をいっしょにするようですが、これはよくあることですか?」と紙谷先生にお尋ねすると、「先生によって違うけど、複数教科をすることは割と多いね。今、一番練習させておきたいところを「天神」でやるようにしている。授業終了まで後15分だけど、低学年は15分高学年は20分くらいやるのが標準だね。早い子は15分で5目次くらいやるよ。」

マリ子先生は全員を見渡して、「じゃあ、始めてくださーい。」と言った。生徒は一斉に「天神」に取り掛かった。

「できた!」

集中してどんどん問題を解く子どもたち
▲ 集中してどんどん問題を解く子どもたち

子どもたちは、真剣な顔で問題を解いていく。

よく見ると、ずっと正解して正解マークの青色がきれいに並んでいる子と、ところどころで間違えて不正解の赤色が混ざっている子がいるのが分かる。自信を持って答えたのだろう、不正解の赤に「えっ、なんで?」と、声をあげる子もいる。

そんな小さな動きや声はあるが、概ね教室は静かで、子どもたちは問題に集中している。

早い子が、1つの目次を全部解き終わった。「できた!」誰かが言う。五月雨のように、あちこちから「できた!」の声が続く。不正解のある子は、間違えた問題を正解できるまで復習しなければならない。「できた!」の声に少しあせりつつ、復習を続ける。復習を終えて、正解の青色が一直線に並んだ。「できた!」その子も誇らしげに叫ぶ。

巡回

的確なアドバイスをして回るマリ子先生
▲ 的確なアドバイスをして回るマリ子先生

「できた人は、"日づけとよう日の2"をやって下さーい。」

マリ子先生が、巡回の足を止めて言った。子どもの様子を観察して、問題を解かずにじっとしている子や、逆に、あちこち落ち着きなく見ている子どもを見つけると、すっと横について問題の説明を始める。子どもが理解出来て、表情がぱっと晴れたのを確認すると、また、巡回を続けた。早くも2目次クリアした子の「できた!」という声が、あちこちから起こった。

ここで、終了のチャイム。先生にとっても生徒にとっても非常に密度の濃い時間だった。


その他の学校での導入実績の一例s

公立K小学校コンピュータ室 公立N小学校コンピュータ室 先生方の研修会
▲公立K小学校コンピュータ室 ▲公立N小学校コンピュータ室 ▲先生方の研修会


 HOME > 公立・私立学校導入


どうして「天神」で成績アップが出来るの?


幼児教育・知育教材に 「天神」 乳幼児版 「天神」小学生版 新学習指導要領対応! 「天神」乳幼児・小学生の英語学習 「天神」中学生版 新学習指導要領対応! 「天神」 高校生版 「天神」CMにご出演いただいたアグネスチャンさんと井内社長の対談 「天神」は公立・私立の学校に導入! 全国5万人 天神メイトの声 「天神」は人間力を育てる 「天神」のサポート体制


【天神】HOME | メディア掲載 | 会社情報 | お問い合わせ | よくあるご質問 | 個人情報保護の取り組みについて

【天神】お電話での資料請求 
0120-019-828
ご利用中のお客様 
0120-019-098


オーダーメイド学習システム天神は(株)タオの登録商標です。学問の神様である菅原道真公(天神様)に因んで命名致しました。

Copyright(c) TAO.,LTD All right reserved.